資格と仕事

「情報処理技術者試験」とは「プログラミング以外のスキル」が試験範囲と考えられています。

修得には情報化にともなう経営学や法律、オペレーションズリサーチなどの広範囲な知識を必要とされ、プログラムや製品を選定する実践スキルも求められます。

システムエンジニアを目指す人は、初級システムアドミニストレータも取得することで、その意志を表すことができます。

未経験者がシステムエンジニアとして、いきなり採用されることはまずありません。

しかしこの資格を取得しながらヘルプデスクやサーバ保守管理、プログラマー、システムエンジニアのアシスタントなどを経て、ようやくシステムエンジニアへの道が開けるといった程度です。

この資格を取得したからと言って、それが生かせるとは限らないという面では、ほかの資格と同様です。

しかしシステムエンジニアは、必ずしもプログラムを構築する能力を求められない業種です。

それよりも総括的に物事を見て取りまとめていく能力の方を重視されるのです。

その中には「プログラムの採用」や「調達能力」などが必要ですので、この「情報処理技術者試験」を取得することは、その能力の一片を客観的に証明するものとは成り得ます。

この上位資格がまた用意されていますので、どんな仕事がしたいかという表現にとどまってしまうということは言えるかもしれません。

情報処理技術者試験の目的

情報処理技術者試験は、国家試験です。

「情報処理の促進に関する法律」というものがあるのですが、情報処理技術者試験はこの法律のもとに作られ実施されているのです。

合格すれば合格証書は経済産業大臣より交付されます。

「何日になるための資格」というのではなく、技術がどの程度のレベルに達しているかというものを認定する試験です。

情報処理技術者試験の目的には、情報処理技術者に「何を目標としていいのか」ということ与えるというものがありました。

そのことによって情報処理技術者が持つべき能力のレベルが示されることになります。

また情報処理技術者の評価というのは、実際に測りにくいものがあります。

その時にこの試験があれば、客観的な評価基準というものが定まってくるでしょうというものです。

これがこの試験が制定された目的だったのです。